一般社団法人 構造物診断技術研究会Research Organization for Diagnostic Techniques for Structures

お問い合わせ
890-0065
鹿児島県鹿児島市
郡元1丁目21-40
鹿児島大学内
一般社団法人
構造物診断技術研究会
099-285-7687(代表)
099-285-8478(事務局/FAX)
rodts(a)oce.kagoshima-u.ac.jp
(a)を半角の@に変更してください。
ご挨拶

 当法人の前身である「コンクリート構造物の劣化診断技術の開発と応用に関する研究会(診断技術研究会)」は、コンクリート構造物の維持管理の重要性に鑑み、構造物の有する各種性能を適切に診断・評価するための既存技術の応用ならびに新技術の開発について研究することを目的として、2002年10月、当時の鹿児島大学地域共同研究センターかごしま産学官交流研究会における長寿命構造物部会内研究会として設立されました。その後2016年には、鹿児島大学大学院理工学研究科地域コトづくりセンター地域創生・安全工学分野の研究会として活動を開始し、設立以来の約15年間を通じて、会員となられている関連会社の方々はもちろん、土木工学を学ぶ学生諸君や県内の土木技術者、自治体職員の皆さまの知識と技術向上のために力を尽くして参りました。

 一方、近年インフラストラクチャーの維持管理に関する考え方はさらに発展し、分野・組織横断的な連携体制の下での革新的な技術開発、およびそれらを活用した効率的かつ経済的な戦略的維持管理の実現が求められる時代となりました。

 このような現状に鑑み、これまでの研究会の活動内容、すなわち最新情報の提供や資格取得支援、各種講習会などによる技術指導をはじめ、土木現場見学会、診断のための機器の貸出や解析指導など、社会基盤の維持管理とそのための関連技術の向上のための活動を、より積極的かつ広範囲に取り組むべく、新たに一般社団法人構造物診断研究会として再出発することとなりました。よりよい社会の形成に資するため、皆様のご協力とご支援をお願い申し上げます。

一般社団法人 構造物診断技術研究会 代表理事 武若耕司
新着情報